“幼年時代”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちいさいとき50.0%
ようねんじだい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幼年時代”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)7.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「遠い昔に、幼年時代ちいさいときに、確かにどこかで聞いたことがある。誰の声だかそれは知らない。どこで聞いたかそれも知らない……いったいどこで笑っているのだろう?」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
幼年時代ようねんじだいを通じて、その音楽家の面影おもかげは生きた手本てほんとなり、かれはそのうえをすえていた。
ジャン・クリストフ (新字新仮名) / ロマン・ロラン(著)