“幼年時代:ちいさいとき” の例文
“幼年時代:ちいさいとき”を含む作品の著者(上位)作品数
国枝史郎1
“幼年時代:ちいさいとき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「遠い昔に、幼年時代ちいさいときに、確かにどこかで聞いたことがある。誰の声だかそれは知らない。どこで聞いたかそれも知らない……いったいどこで笑っているのだろう?」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)