“平塚”の読み方と例文
読み方割合
ひらつか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日のお施主側は、以前青鞜社の同人たちだった。平塚らいてう、荒木郁子という人たちが専ら肝入をつとめていた。
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
一里九町走っての宿。二里九町走って戸塚。さらに二里飛ばして藤沢。よつや、平塚と走りつけてこの間が二里半。大磯、小田原と宿継ぎに飛ばして、ここが四里。
ほとんどすべからざるに至り、時々狂気じみたる挙動さえしかりければ、知友にも勧誘を乞いて、鎌倉、平塚辺に静養せしむべしと、その用意おさおさりなかりしに
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)