“市女”の読み方と例文
読み方割合
いちめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その市女は、芸妓に限るんです。それも芸なり、容色なり、選抜きでないと、世話人の方で出しませんから……まず選ばれたは、一年中の外聞といったわけです。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大津絵の藤娘がて居る市女笠の様な物でも大分に女の姿を引立たして居ると自分は思ふのである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
京は広い所であるから、市女というような者に頼んでおくと、上手に捜してつれて来るのである。だれの姫君であるかというようなことはだれにも知らせてないのである。
源氏物語:22 玉鬘 (新字新仮名) / 紫式部(著)