“川靄”の読み方と例文
読み方割合
かわもや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晴れた日ほど、大河の水面から昇るうすい川靄がぎらぎら光って、遠目ではよく見極められないが、どうかすると、城工事の掛声や石を切る音などが、対岸から風にのって聞えてくる日もある。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まだ川靄もほの白いうちに、しきりと、鴻雁が遠くで群れ立ち、やがて鑼声鼓笛の音と共に、櫓手の船歌が聞えだしていた。近づくのをみれば、花やかな三隻の官船である。特に、勅使船のには
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
風はなく——けさは白い川靄さえ、たちのぼっていた。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)