“川留”の読み方と例文
読み方割合
かわどめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
川留か、火事のように湧立揉合う群集の黒山。中野行を待つ右側も、品川の左側も、二重三重に人垣を造って、線路の上まで押覆さる。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
天龍まで来ると川留で、半分落ちた橋の上で座禅をしたのが椿岳の最後の奇の吐きじまいであった。
「どういたしまして、降りませんでも、貴方川留でございますよ。」
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)