“崖路”の読み方と例文
読み方割合
がけみち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真夏の太陽の光りを受けて真赤えた赤土の断崖を仰ぎ、突然に現れた激流を見下して、そうして、馬車が高い崖路の高低でかたかたときしみ出す音を聞いてもまだ続いた。
(新字新仮名) / 横光利一(著)
宿の二階から見あげると、妙義道につづく南の高い崖路は薄黒い若葉にめられている。
磯部の若葉 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
この女をってこの崖路を登ることはおろか、立って見つめているうちに、眼がクラクラとして、足がフラフラとして、どうにも持ち切れなくなったから、がんりきはお絹の傍へ打倒れるようにして