“崇徳院”の読み方と例文
読み方割合
すとくいん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
康治年間崇徳院から百首の題を賜わり、時の歌人が百首歌を詠んで奉った。成ったのは一つとんで次の久安年間で、初度のは残っていない。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
どうしたのだろうとってくと、なんでも天子さまの後白河天皇さまと、とうにおをおすべりになって新院とおよばれになった天子さまの崇徳院さまとのに行きちがいができて
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
遂に崇徳院の御宇長承二年四月七日のの正中に母の秦氏悩むことなくして男の子を生んだ。その時紫の雲が天にそびえ、邸のうち、家の西に元が二肢あって末が茂り、丈の高いの木があった。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)