“岩苔”の読み方と例文
読み方割合
いわごけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蓮華岳から越中沢岳(又は栂山)に至る迄の立山山脈との間に発源する祖父谷・祖母谷・五郎沢・薬師沢・岩苔谷等を合せたものである。
黒部峡谷 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
はッと、よろめいたみに、ヌラリとした岩苔に手をらせて
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あぶない! 岩苔にすべるなよ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)