“山崎”の読み方と例文
読み方割合
やまざき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
母娘して笑った。おしょさんの軒燈には山崎としてあるが、両国の並び茶屋の名も「山崎」だったと坊さんのおばあさんがいった。
山崎合戦で、の首がにつけきれず、にさして実検にそなえたというので、可児というよりも、才蔵の名のほうが民間にはしみがある。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山崎合戦生首にとおしてかけあるくほどはたらいて、笹の才蔵といいはやされた可児。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)