“履音”の読み方と例文
読み方割合
くつおと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
氏はいつの間にか婦人雑誌の口絵から抜け出して来たやうな絹帽にフロツクコートといふ、りうとした身装で、履音軽くのなかから出て来る。
暁がた、男は一人で庭に降り立って、ほんのりとかかったい月を仰ぎ仰ぎ、読経などをしながら、履音をしのばせてそぞろ歩きしていた。細殿の前には丁子の匂が夜気に強く漂っていた。
姨捨 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
暫くすると、ぞろぞろ信者の入つて来るらしい履音がした。その度に後方をふり向いてゐた夫人は