“小迷”の読み方と例文
読み方割合
さまよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小迷って行きながら、又ポチの事を考えていると、ふッと気が変って、何だか昨日からの事が嘘らしく思われてならぬ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
甘き青葉の香を吸ひ、流れるこの鳥の聲を聞いては、身は詩人でなくても、魂が胸を出て、聲と共にそこはかとなく森の下蔭を小迷ふてゆく思ひがする。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
甘き青葉の香を吸ひ、流れるこの鳥の声を聞いては、身は詩人でなくても、魂が胸を出て、声と共にそこはかとなく森の下蔭を小迷うてゆく思ひがする。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)