“富限者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふげんしゃ66.7%
ぶげんしゃ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“富限者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「お前は、めんめさえよければ、ええとじゃけに、バナナも食うつろが、蓮根も食いよって、富限者ふげんしゃの子供でも、そげんな食わんぞな!」
風琴と魚の町 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
今のように富限者ふげんしゃが、山の手や郊外に土地をもっても、そこを住居いえにしていなかったので、蔵と蔵との間へ茶庭をつくり、数寄すきをこらす風流を楽しんでいた。
関川の滝之助は急に大富限者ぶげんしゃと成ったけれど、直ぐその金持づらをする時は、人から疑われるを知っていた。
怪異黒姫おろし (新字新仮名) / 江見水蔭(著)