“寄加持”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よせかじ50.0%
よりかじ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“寄加持”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
或日、小倉主税ノ宅デ、神田黒川町ノ仕立屋ニ逢ッタガ、コイツハ、カゲとみノ箱屋ヲスル奴ダガ、オレガ懇意ノ徳山主計トイウ仁ガ、至ッテ富ヲ好キデ、南平ニ富ヲ頼ンダ故ニ、今日ハ富ノ日ダカラ寄加持よせかじヲスルトッテ、主税ノ宅ヘ大勢ソノムレガ寄ッテ来テ、ヨセ加持ヲ始メヨウトスル時
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ある日、神田の仕立屋でカゲとみの箱をしている奴がきた。ちょうど今日は富の日だというので、それから大勢の人を集めて寄加持よりかじをすることになった。
安吾史譚:05 勝夢酔 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)