“家筋”の読み方と例文
読み方割合
いえすじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
摂州川辺郡東富松の部落においては、すでに茨木童子の家筋は絶えたかわりに、更に一段と心を動かすべき物語が残っていた。『摂陽群談』巻十に曰う。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「申しちゃ失礼でございますが、隠密役なんていう方は、平常は何の御用もねえでしょうに、これだけの家筋をそれぞれ立てておく将軍様の世帯も、大きなもんじゃありませんか」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それを統一するためにまわり神主、または宮座頭屋というかたい約束がむすばれ、あるいは世襲神職家筋というものが定められたのであるが、これがまた二つとも
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)