“定助郷”の読み方と例文
読み方割合
じょうすけごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには、定助郷嘆願の趣ももっともには聞こえるが、よくよく村方の原簿をおしの上でないと、容易には仰せ付けがたいとある。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
何分にも毎日のことで、お継立ても行き届かず、それを心配いたしまして木曾十一宿のものが定助郷の嘆願に当お役所へり出ました。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
江戸の方にあった道中奉行所の代わりに京都駅逓司の設置、定助郷その他種々な助郷名目の廃止なぞは皆この消息を語っていた。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)