“宗湛”の読み方と例文
読み方割合
そうたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同行の神谷宗湛の父の紹策などは、もう天文初年頃から朝鮮へも渡っているし、中国にも行き、厦門柬蒲寨などとも交易していた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
俺は近ごろ足軽というもののづらを眺めていて恍惚とすることがある。あの無智な力の美しさはどうだ。宗湛もよい蛇足もよい。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
俺は近ごろ足軽といふもののづらを眺めてゐて恍惚とすることがある。あの無智な力の美しさはどうだ。宗湛もよい蛇足もよい。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)