“季路”の読み方と例文
読み方割合
きろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顔淵季路侍す。子曰く、ぞ各の志を言わざると。子路曰く、願わくは車馬衣軽裘、朋友と共にし、之をりて無からんと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
(二) 顔淵季路侍る。子曰く、なんぞ各の志を言わざる。子路曰く、願わくは(己れの)車馬衣裘を、朋友とともにして之をるもみなからん。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
顔渕季路とが先師のおそばにいたときのこと、先師がいわれた。——
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)