“媽港”の読み方と例文
読み方割合
マカオ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いま唐船あきないが停ったかたちになっていますが、そこをつけこんで、媽港あたりの英国商人がわれわれの荷を買占めにかかろうとしています。
「長崎から媽港あたりまでですと、順風でおよそ十四、五日には着きましょうが、それから先は天候まかせで、予定の日をもっては参るわけにゆきません」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即ち呂宋媽港、安南、東京、占城柬埔塞暹羅太泥等と貿易をしたのは相当旧くからであるが、それらの国々へ渡航する船舶に対し、官許の免許状(朱印)を与えて