“媚言”の読み方と例文
読み方割合
びげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陳珪父子の者を、ご信用になるも結構ですが、あまり心腹の大事まで彼らにおりあるのは如何かと思われます。——言葉の色よく媚言巧みに、彼らが君を
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さてさて、の国の人は嘘で固めているとみえる。わが蜀には、そんな媚言やへつらいをいう佞人はいない」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……ではいうが呂将軍に恨みとするのは、われわれ武人はのごとく軽んじ、妻妾の媚言には他愛なく動かされることだ。このような状態では、遂に、われわれは犬死するほかあるまい——おれはそれを
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)