“奥秩父”の読み方と例文
読み方割合
おくちちぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黙々と働いている唖の水汲男が、妙な物を抱えて、こっそりと裏門から高麗川の谷間へ降りて、やがて奥秩父へ通うの奥へ逃げこみました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
奥秩父切支丹谷む者や、日本左衛門などという盗賊たちの手さぐりが、次第に迷宮のくらやみを縮めておりまする。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と言って、久助のことばにまかせて、奥秩父の教会とかへ行ったものだろうか、それとも行かない方がいいだろうか。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)