“太粗雑”の読み方と例文
読み方割合
いけぞんざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麻の法衣で、ごそごそと通掛ると、その足袋屋の小僧の、店前へ水を打っていた奴、太粗雑だから、ざっとねて、坊さんが穿きたての新しい白足袋を泥だらけにしたんだとね。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)