“粗放蕪雑”の読み方と例文
読み方割合
そほうぶざつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の気風心事は王朝さながら、之に対する僕の心事に至っては粗放蕪雑、野武士の心事のくである。
青い絨毯 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)