“大鷹”の読み方と例文
読み方割合
おおたか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には公儀より御拝領の富士司大逸物を始め、大鷹二基二基をえさせ給う。
三右衛門の罪 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
大鷹はかしこまって、その鳥のあとをどこまでも追っかけて、紀伊国播磨国へとくだって行き、そこから因幡丹波但馬をかけまわった後、こんどは東の方へまわって、近江から美濃
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
はるか、多宝塔の上で、呂宋兵衛が、放遠の術気をかけているとは知らない竹童、ふしぎ、ふしぎとあやしんでいると、怪光をおびた一大鷹が、かッとをあいて、じぶんの目玉をねらってきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)