“大鑊”の読み方と例文
読み方割合
たいかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兵部尚書鉄鉉えられてに至る。廷中に背立して、帝にわず、正言して屈せず、遂に寸磔せらる。死に至りてるをて、大鑊油熬せらるゝに至る。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)