“大老”の読み方と例文
読み方割合
たいろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつもお城で、大老など鼻であしらって、傲岸そのもののような愚楽が、どうしたのか、ちゃんと座蒲団をおり、両手をついて、泰軒のまえに頭をさげている。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
安政五年戊午 正月、大いに攘夷論を唱う。閣老掘田正篤京都に遊説す。三月、大詔煥発。四月、井伊大老となる。六月、勅許たずして、米国条約の調印をなす。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
そこで、大老井伊直弼は、自分だけのえで、この条約にはんをおしてしまいました。