“大老舗”の読み方と例文
読み方割合
おおしにせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして本物はりと、自分が隠して置いた事、義哉へ箱を預けたのが、日本橋の大老舗、伊丹屋の娘だということなどを、細々と説明したのであった。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「あります、あります、小川町一丁目の川勝屋といったら、大老舗の質屋です」
顎十郎捕物帳:03 都鳥 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
一体関東に於ける北条氏の地位は、伊勢新九郎(早雲)以来、氏綱、氏康、氏政と連綿たる大老舗の格だ。これを除けば、東日本に於て目ぼしいものは米沢城に在る独眼竜、伊達政宗位だけだ。
小田原陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)