“大処”の読み方と例文
読み方割合
たいしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
些事小事は、頭からい去って、大きく、大処からお考え下さい。——時に折もよしです。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しめたか。わしは大処から考えてしておること。そちは、職分のてまえ、眼前の苦情をいうとるのじゃ。しかし将来になってみれば、そちの誠意も、わしの苦慮も、同じだったことが分ろう
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「君の云うのは、人道論だ。もっと大処から視てやらねば」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)