“夜芝居”の読み方と例文
読み方割合
よしばい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お掛けなさいまし、お休みなさいましと、間近な氷店で金切声。夜芝居よしばいの太鼓、どろどろどろ、はるかに聞える観世物みせものの、評判、評判。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)