“夜目遠目”の読み方と例文
読み方割合
よめとおめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜目遠目ではあるが、今夜の月は明るいので、その女たちが主人の娘ふたりに相違ないことを早くも知って、彼は不思議に思った。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
夜目遠目で確かなことは申されませんが、男は火の番の藤助で、女はむすめのお冬のように思われたのでございます。
半七捕物帳:69 白蝶怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)