“壷”の読み方と例文
読み方割合
つぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
湯滝のへ下りていきましたが、わたしと町田とはちょっと変な気持ちになり、互いに顔を見合わせて続いて下りていきました。
メデューサの首 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
「馬鹿な奴だなあ、こっちのまって自殺をしてしまいやがったじゃないか。おれと紀久ちゃんとの間には、子供のときから婚約があるんだ」
恐怖城 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
金目のものではあるまいけれども、紅糸で底をえた手遊猪口や、金米糖一つも、馬でき、駕籠えて、長い旅路を江戸から持って行ったと思えば、千代紙の小箱に入った南京砂
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)