“地雨”の読み方と例文
読み方割合
じあめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ねんばり一湿りでございましょう。地雨にはなりますまい。、また、雨具もござる。芝居を御見物の思召がなくば、まあ御緩りなすって。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「いえ、この雨は地雨のようで、どうせみそうもありませんから、……親方、お暇いたしましょう」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
八時ごろには地雨になってしまった。