“囲物”の読み方と例文
読み方割合
かこいもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
無論家の様子や、女の身なりで、囲物だろうとは察した。しかし別段それを不快にも思わない。名も知らぬが、強いて知ろうともしない。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
遊女八人の身抜をさしたと大意張の腕だから、家作などはわがものにして、三月ばかり前までは、出稼の留守を勤めりの囲物、これは洲崎に居た年増に貸してあったが、その婦人は、この夏
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
吉原の女芸者は見番大黒屋庄六方から、きわ、ぎん、春、等が招かれた。きわは後花柳寿輔の妻になった。春は当時既に都権平の妻になっていた。駿河屋の鶴は間もなく香以の囲物にせられた。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)