“四方山話”の読み方と例文
読み方割合
よもやまばなし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伝吉は別旅籠をとッていたが、昨夜も酒の相手によばれて、深夜まで作左衛門と四方山話をして帰った。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いいえ、決して親分さんに、嘘は申しません。ゆうべお由利さんが、お客様を送って、帰ってまいりましてから、小父さんや小母さんに、わたしも加わりまして、四方山話をいたしました」
燐寸工場に出てゐるウメ子は娘らしくなく、退け時が来ても帰つて来ぬことがあつたのだ。今でも定期的にたづねて来る藤本といふスパイは、代書店にゐる仙吉のところへ来て、四方山話をした後
反逆の呂律 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)