“喜乃”の読み方と例文
読み方割合
きの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから気を着けると、いつかも江戸町のお喜乃さんが、やっぱり例の紛失で、ブツブツいってったッけ、翌日の晩方、わざわざやって来て
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「あ、お喜乃さんか。待っていたんだ。——はいりな、そこを閉めて」
治郎吉格子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
特殊部落の——若い娘のお喜乃
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)