“咽喉部”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いんこうぶ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“咽喉部”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蔦代の死体の胸には喜平の胸の傷口の血糊ちのりがべっとりとつき、蔦代の手の短刀が喜平の咽喉部いんこうぶに触れた。
恐怖城 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
一人は白い手術着を着て、メスだのはさみだのを取りあげ、屍体の咽喉部いんこうぶ切開せっかいしていた。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)