“咽喉部”の読み方と例文
読み方割合
いんこうぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
痣蟹はピストルを捨てると、猛虎のように身をらせてジュリアに迫った。その太い手首が、ジュリアの咽喉部をギュッと絞めつけようとする。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
蔦代の死体の胸には喜平の胸の傷口の血糊がべっとりとつき、蔦代の手の短刀が喜平の咽喉部に触れた。
恐怖城 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
まず、目につくのは、鋭い刃物でったような咽喉部の深い傷口——うん、やっぱりさっき口笛が聞えたとき、残虐きわまりなき吸血鬼が出たのだ。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)