“咄喊”の読み方と例文
読み方割合
とっかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかもこの戦争の影とも見るべき一片の周囲をる者は万歳と云う歓呼の声である。この声がすなわち満洲のに起った咄喊の反響である。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その代り木唄——さっきは木唄と云った。しかしこの時、彼らの揚げた声は、木唄と云わんよりはむしろ浪花節咄喊するような稀代な調子であった。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
実に今回のバッタ事件及び咄喊事件は吾々心ある職員をして、ひそかに校将来の前途危惧の念をかしむるに足る珍事でありまして、吾々職員たるものはこの際って自ら省りみて
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)