“咄嵯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とっさ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“咄嵯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
決然として振り払えば、力かなわで手を放てる、咄嵯とっさに巡査は一躍して、棄つるがごとく身を投ぜり。
夜行巡査 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかし金将軍は少しもさわがず、咄嵯とっさにその宝剣を目がけて一口のつばを吐きかけた。
金将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)