“吉良上野介”の読み方と例文
読み方割合
きらこうずけのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この三月でいい出府を、彼は、二月も繰上げて急に、国元の米沢から上ってきたわけだった。問題の重点は、世間からも注意されている吉良上野介の身についてである。
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昔、徳川の時代に、浅野家の家来、主人の敵討ちとて吉良上野介を殺したることあり。世にこれを赤穂の義士と唱えり。大なる間違いならずや。この時日本の政府は徳川なり。
学問のすすめ (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
去年三月主君浅野内匠頭殿中にて高家の筆頭吉良上野介刃傷に及ばれ、即日芝の田村邸において御切腹、同時に鉄砲洲の邸はおげとなるまで、毛利小平太は二十石五人扶持頂戴して
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)