“吉継”の読み方と例文
読み方割合
よしつぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石田佐吉、大谷吉継、一柳兄弟、糟屋助右衛門なども、各〻、劣らない働きをしたが、戦場は刻々、西へ移ってゆく。場所は同じでなく、時刻もちがう。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は体ではせぬ、気だな。——駄目だと思うたら、この吉継など、今日が今日、ここでも駄目になれる」
大谷刑部 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後の刑部——大谷平馬吉継が十九歳となっている。仙石権兵衛などはすでに三十をこえて、小姓部屋の雛仲間から巣立ち、一方の指揮官として、淡路や四国へ派遣されたりしていた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)