“各:オノオノ” の例文
“各:オノオノ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“各:オノオノ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「とうとう、おかみも手をやいてしまい、高札の文言を改めたのさ。——それまでの御高札には、第一条に、忠孝文武ヲ相励ムベキコト——とあったのを、今のように、親子兄弟、相睦アイムツミ、オノオノ奉公ニ、精出スコト……と書き直して、御高札が、頬冠ほっかぶりしてしまったわけだ」
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)