“句仏上人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くぶつしやうにん50.0%
くぶつしょうにん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから句仏上人が、画をかせてもやはり器用なのに敬服した。上人は「勿体なや祖師紙衣の五十年」
俳画展覧会を観て (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
祇園の歌蝶は憲政芸妓として知られ、選挙違反ですこしの間せられ、禅門に参堂し、富菊は本願寺句仏上人得度して美女の名が高い。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)