“反別”の読み方と例文
読み方割合
たんべつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
 そして今日から授業だ。測量はたしかに面白い。地図を見るのも面白い。ぜんたいここらの田やでほんとうの反別になっているがないと武田先生がった。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
本陣問屋庄屋の三役を勤めるに必要な公用の記録から、田畑家屋敷に関する反別年貢掟年貢なぞをしつけた帳面のまでが否応なしに半蔵の前に取り出された。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
わが外国輸出貿易品の首位を占めたる生糸の根元とも称すべき桑圃反別は、一一万〇一七四町三反三畝歩〔明治十四年の調査〕にして各種の採葉数は、二億四五八一万一六六九貫目にて
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)