“勘定台”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カウンター66.7%
かんぢやうだい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“勘定台”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、言った。そして、勘定台カウンターの方へふらふらと行き、黒い皮の大きな財布から十銭白銅十枚出した。一枚多いというのを、むっとした顔で、
雪の夜 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
右手が勘定台カウンターで、その上の格子から女中の髪に揷した白い花の簪が見える。
蠱惑 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
店先には高い勘定台かんぢやうだいの後ろに若いすがめの男が一人、つまらなさうにたたずんでゐる。
あばばばば (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)