“剣丸尾”の読み方と例文
読み方割合
けんまるび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
氷河は勿論だが、雪りが山側を磨擦する時は、富士山の剣丸尾熔岩流のように、長い舌の形によって、そのめた痕跡が残る。
高山の雪 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
岳陰荘と呼び、灰色の壁に這い拡がった蔦葛の色も深々と、後方遙かに峨々たる剣丸尾の怪異な熔岩台地を背負い、前方に山中湖を取る鬱蒼たる樹海をひかえて
闖入者 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
それがまた驚くべく長大なる、最新の熔岩流をひろげて、下吉田の町まで肉薄する剣丸尾、青木ヶ原の樹海から精進村まで、末広がりに扉開きになる青木ヶ原丸尾を、眼下に展開する。
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)