“前講”の読み方と例文
読み方割合
ぜんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唯今御主人から御説明がありました通り、今晩のお話は六朝時代から始める筈で、わたくしがその前講を受持つことになりました。
ところが、ある日の高座で前講のなんとかいう若い講釈師が朝鮮軍記の碧蹄館の戦いを読んだのです。
三浦老人昔話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「ははは、これはひどい。わたしに前講をやらせるのか。まあ、仕方がない。話しましょう」
半七捕物帳:37 松茸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)