“刮々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くゎくくゎく50.0%
くわっくわっ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隣の息子が雌を連れて来て、刮々云わしたら、雄はひとりでに床の下から出て来て、難なくまった。今更の様だが女の力。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
荷車が驚いて道側草中ける。刮々叫んでてゝげる。小児え、女が眼をくして見送る。囂々機関る。弗々々の如くらすガソリンの余煙
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)