“出丸”の読み方と例文
読み方割合
でまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一、二ノ曲輪妙見出丸、そのほかの諸将もみな一つに寄りかたまり、ここではかえって声もなく、ただ金剛全山の異様な敵のうごきに、ひとみをこらし合っていた。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ただし俳諧の方には北斎・崋山暁斎清親を経て、現在の漫画隆盛に到達したような閲歴は無く、人はただ発句出丸籠城して、みずから変化の豊かなる世相描写を制限することになったが
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
どこにどんな裏切り者が鳴りをしずめているかも知れず、そいつらが、木戸出丸をやぶって、いっせいにさわぎだすと、いよいよ手におえなくなってしまいます
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)