“全能”の読み方と例文
読み方割合
ぜんのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全能全力正当につくしてみて、それでもれれば、まことに是非のないわけだ。男らしく、一の人の前へでて、するよりほかにみちはない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おれの持っている電気の力は、オールマイティー(全能)だ。どんなことだってできるのだ。こうして、姿を見せないで、きみと話すこともできるのだ。
電人M (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「ふん。全能の神さまが交通に超越出来ないんだろうか?」
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)