“入間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いるま88.9%
イルマ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
武蔵の入間郡には椿峯という所が二箇所あります。その一つは、御国の椿峯で、高さ四五尺の塚の上に、古い椿の木が二本あります。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
入間川から女影の原付近で、とかく物騒なうわさが絶えないというので、夜旅をかけて武蔵野を横ぎる場合は、立場問屋出立の時刻をさだめ
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
譬へば関東には「げ水」の実在が信ぜられて居た。それは、先へ行けば行く程、水が逃げて行くと考へられて居たものである。又「入間言葉」なども、大分後になつて、歌枕に這入つて来た。
花の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)